筋肉痛

筋肉痛には現発性筋肉痛と遅発性筋肉痛があります。

現発性筋肉痛とはトレーニング中にでる痛みで、筋肉が焼け付くような灼熱感(バーン)を感じる事もあります。

運動後しばらくすると痛みはなくなります。

遅発性筋肉痛とはトレーニング後、1日~数日後に生じる痛みの事です。

一般的に数日間で痛みはなくなります。

これらの筋肉痛の原因は様々な仮説(乳酸説、筋繊維の損傷説など)があり、今だはっきり解明されていない部分もあるようです。

筋肉痛が起きないと筋肉が発達しないと思っている人も多いようですが、必ずしもそうとは言い切れず、しっかり効かせたトレーンングを行っても筋肉痛にならない人もいます。

ウォーミングアップとクールダウンを行うことで、筋肉痛を軽減することができます。

筋肉痛が運動の翌々日以降に発生すると「年を取った証拠」と言う話があります。

これは「筋肉痛の加齢遅延説」とも呼ばれ、様々な仮説が立てられていますが、科学的にこれを証明したデータはなく俗説という事です。

また筋肉痛が残っている間はその部位のトレーニングは行わないようにしましょう。

筋肉を発達させるためには休養も大切です。ダメージが残っているのに、さらにトレーニングをすると怪我の原因にもなりかねません。