メタボリックシンドローム
 ~ 目次 ~
 メタボリックシンドロームとは
 メタボリックシンドロームの原因とは
 メタボリックシンドロームの予防と対策
 メタボリックシンドロームに効果的な運動は
 メタボリックシンドロームに適した食事とは
カテゴリ
スポーツクラブの選び方
スポーツクラブに必要な物
スポーツクラブでレッスン
スポーツクラブでトレーニング
スポーツクラブでストレッチ
スポーツクラブ入会~退会
スポーツクラブ用語集
特集

アンケート
プロフィール
リンク

スポンサーサイト
メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームとは、生活習慣病の危険因子の中でもハイリスクの状態であり、下記の条件(A+B)に当てはまる人を指します。

メタボリックシンドロームと診断されるベースには肥満があり、内臓脂肪型肥満でかつ、高血圧・高脂血症・高血圧などの症状を合わせ持って持っているとメタボリックシンドロームと診断される可能性があります。

メタボリックシンドロームは通称
メタボと呼ばれる事もあります。
条件A

お腹周り(へそ周り)が男性で85cm以上、女性なら90cm以上

条件B

血圧

①最高(収縮期)血圧が130mmHg以上、最低(拡張期)血圧が85mmHg以上

血清脂質異常

②中性脂肪(TG)値が150mmHg/dl以上

③善玉コレステロール値が40mmHg/dl未満

空腹時血糖値

④110mmHg/dl以上


条件Aに当てはまり、かつ条件Bの①~④のうち2つ以上当てはまるとメタボリックシンドロームと診断されます。

つまりお腹周りの脂肪が少ない時点でメタボリックシンドロームには該当しないと言う事になります。
スポンサーサイト
メタボリックシンドロームの原因とは

メタボリックシンドロームは肥満に関係した症状なので、そこに原因があると言えます。

過食などによる
高カロリー摂取糖分や脂肪分の過剰摂取

不規則な生活習慣や食事習慣の積み重ね、それに加えて運動不足

そういう生活を繰り返していると・・・

摂取カロリーが消費カロリーを上回り、あまったカロリーが皮下脂肪として蓄えられ、肥満が加速します。

また脂肪は内臓回りにもつき、メタボリックシンドロームの条件とされているお腹周りが大きくなります。
いわゆる内臓脂肪の蓄積です。

また発散されずに溜まっている
ストレス

ストレスによって引き起こされる食欲増進などもその原因とされているようです。

ようするに・・・不規則な生活習慣そのものがメタボリックシンドロームの原因となっているのです。
スポンサーサイト
メタボリックシンドローム 2 ⇒
   TOP > 特集 > メタボリックシンドローム


Copyright © 2008  はじめてのスポーツクラブ All Rights Reserved.